※日本銀行本店を上から見ると円の形をしている

昨年あたりから気になっているマスコミの言葉の表現がある。
この言葉です。
「彼はこの仕事に従事しているそう」
以前なら
「彼はこの仕事に従事しているそうです」
つまり、です。を除いた言葉です。
私はこの言葉に違和感を抱いているのですがみなさまはいかがですか?

さて、写真の話に戻りますが、今年初め日本銀行本店を上から眺める機会がありました。
せっかくの機会なので写真を撮ってみると、建築(構造物)で円を表現していました。
実はこの話は有名な話なのですが、なるほどそうだと納得した次第です。

ところで3月末に東京ミッドタウン・日比谷がオープンしました。
名前がややこしいですが、「東京ミッドタウン」がブランド名なのでしょう。
※他に東京ミッドタウン・六本木があります。
東京という名称が付くとあまり今後の拡がりが期待できないような気もしますが…
今後もあのような巨大開発の予定があるのでしょうか?
大阪ミッドタウン…等と続くのでしょうか。

東京ミッドタウン・日比谷は歴史を遡ればかの鹿鳴館があった場所だそうです。
その鹿鳴館の優美なイメージから、真四角の建築ではなくあのように建築の外形を
波打ったような柔らかいデザインにしたそうです。(ダンスの動きですかね)
※ちょっと理解するのに難しい説明ですが…

東京は2020年に向けて様々なプロジェクトが進行している。
丸の内界隈を歩いているとどれも効率を重視して(それでいいと思っています)、
四角い建築が多いため、自分がどこに居るのか分からなくなります。
そういった意味では、大きなビルの1階のあり様は重要です。
丸の内の1階もいわゆる企業の本社の顔ではなく、その企業が目指している
ライフスタイルやプロダクトを表現する空間になったらもっと楽しくなると思っています。

F.T