10年ぶりくらいに東京タワーに行った

人生で3度目の東京タワー。
親戚のお供で食事をしたりお土産を買ったりした。

最近ではインバウンドも減ったようだが(春節も終わったし)、
それでも東京タワーの内部は7割くらいが外国人だった。

超有名な観光地だからインバウンドが多いのは当然と言えば当然だが、
同じ日に行った明治神宮はもっと凄くて、9割くらいが外国人のように見えた。
※9割くらいというのは、自分の周りの人が全員外国人という状況です。

さて、東京タワーの内部は今もまだ昭和だ。
たぶん東京タワーが竣工した当時から続いているであろうお土産屋さんが
今も軒を連ねている。(勝手な想像だがもう2代目か3代目だろう)
売っている商品もそんなに変わらない…差別化が難しい。
レストラン街もフードコートのような場所も昭和だ。

小学生の頃に買ってもらった「根性」と入った回転させると日付が変わる
卓上カレンダーを探したが、それはさすがにもう無かった。

東京タワーへの思いは、昭和と言うか子供の頃の記憶(憧れ)が強い。

そんな憧れの東京タワーのお膝元に会社を引越して早15年・・・
東京タワーは何時もわが社を見守ってくれている。

F.T