140606_01
※6/11オープンを迎える虎ノ門ヒルズ。

思い起こせば、森ビルさんの都市開発(ビル建設)は私の成長過程と重なる。
まだ若かった頃、原宿にラフォーレ原宿がオープンした。
当時はDCブランドが勃興する時期であり、その後押しをラフォーレ原宿が果たした。
この施設ができたことによって、原宿という街の役割が決定された。
『原宿は、若者のファッションの街になった』
一度だけラフォーレ原宿のSALEに並んだことがあるが、当時のそれは若者の
恒例行事になった。

仕事をするようになってから、アークヒルズができた。
アークヒルズは当時デザイン(設計)を一生懸命学んでいた(実学)私にとって、最も好きな
場所となった。カッコイイデザインのレストランとカッコ良く・いい気持ちになれる
ショールームがあった。
当時の全日空ホテルにも無理してお茶しに行ったりした。
アークヒルズの都市開発は、その後も周辺を巻き込んで進化している。

しばらく時間が経ってから、六本木ヒルズができた。
※ITバブルの頃ですね…
その頃の私はそんなハレの街には余り興味も無かったが、ケヤキ坂のイルミネーション
は大好きで、六本木付近で仕事がある時はわざわざ見に行っていた。
ケヤキ坂からイルミネーション越しに見る東京タワーが好きだった。
六本木ヒルズは、六本木を代表するエリアになった。

そして、いよいよ虎ノ門ヒルズ。
ついに正真正銘のオッサンの街にできる施設だ。
※私もオッサンになった。
これまでの森ビルさんの都市開発は、その街の役割を決定づけるほどのインパクトが
あった。今度は、道路(マッカーサー道路)まで巻き込んでいる。
※ついでにオリンピックも来る。
これからあのエリアがどのような変貌を遂げていくか楽しみである。
パリのシャンゼリゼ通りの様にゆったりとした、大人メインのストリートになって
くれたら嬉しい。

うちの会社から近いから…(^_^;)

F.T