140522_01
※まだ土筆がありました…

先週東京よりかなり寒い地域(北海道ではありません)に出張に行って、
ブラブラしていたら土筆を見つけた。
そういえば、今年は土筆を見ていなかった。

土筆を見た時、父親と山菜採りに行っていたことを想い出した。
高度経済成長真只中で仕事をしていた父とは、殆ど遊んだ記憶がない。
そんな父がGWの時期だけは、私を連れて山菜採りに行く。
山菜を食べたいという最大の動機と、ひょっとしたら子供と同じ時間を過ごしたい
という親心があったのかも知れない。

が、それにしても土筆は嫌いだった…苦いから。
そんなことを考えていたら、自分も父と同じことをしていることに気付く。
山菜の代わりにアサリを採っているだけであり、GWの潮干狩りは恒例行事に
なっている。
そして、子供と遊ぶ機会がないのも父と同じ。

これはDNAの問題かも知れない…ってそんな訳はない。

F.T