140130_01
※ルイ・ヴィトンのモノグラムを連想させる?外壁

ルイ・ヴィトンのファサードにはいつも感心させられる。
純粋に美しいな…と感心させられる。
どれくらいのプロセスを経てここにたどりつくんだろう?
とにかく、高質で上品だ。

これ以前のファサードではガラスを多用していたと思うのだが、今回のはまた違う。
※ガラスの向こうに装飾を施していたと記憶している。
銀座のこの界隈には名だたるスーパーブランドが店を構えているけど、
ルイ・ヴィトンのファサードが一番好きだ…新しいせいかも。

銀座らしく落ち着いたデザインと色合いになっている。
そして、夜がまたキレイだ。
光量を抑えた外壁の間接照明がまた上品で美しい。

「日本的な美しさも感じる」

ガラス面をやたら大きくして、商品をこれ見よがしに通りに向かって並べ立てる店とは
世界観(経営思想)が異なる。
ルイ・ヴィトンのファサードは、「あなたはこの店にふさわしい人ですか?」
と問われているようで、ちょっと気後れしてしまう。

F.T