131116_01
※格子(グリット)が好きだ…安定しているから。

肌寒い季節となりまして、いよいよファーが出現し始めた。
以前のブログでもふれたが、満員電車のファーがツライ。
※念の為、ファーとは首回りに巻くフカフカしたアレのことである。
ファーが風で揺らぐのはかわいくもあるが、顔の前でふわふわされると憎たらしい。

1. 私のファー対策は、先ず駅のホームでファーを見つけることから始まる。
車内に入ってから、普通扉側に方向転換をするから特に後ろのファーに注意だ。
念の為、扉付近にもファーがいないか確認する。

2. だいたい乗り口を決めて電車を待つから、自分の周りのファーチェックをする。
近くにファーが居たら、乗り口を変える。

3. それでもファーが走りこんで来たら流れに任せる。
車内に乗り込んでなんとかするしかない。

4. 顔の前にファーが来てしまったら目を閉じる。
もしくは急遽マスクをする。←これが一番の対策かも知れません。

どちらにしてもファーにはかなわない。
風邪をうつされても困るから、やっぱりマスクが良いだろう。

まったくじぇじぇじぇなおもてなしである。←使い方が違う。

いつかファーに倍返ししたい。

F.T