130903_01
※ルノアールと言ってもあの印象派の画家ではありません。

ルノアールと言っても、喫茶店のことです。
最近は、「スタバ」(スターバックス)に押されてその存在感が薄くなって来ました。

スタバの立地は、オフィス街(都心)のカッコイイ場所が多いです。
ルノアールのそれは、飲食街の喧噪の中が多いです。
スタバのお客さんは、カッコイイ人が多くて、ルノアールはそうでもない人が多いです。
スタバは、PCとかスマホとか見ている人が多いですが、
ルノアールは、スポーツ新聞を見ている人が多いです。
スタバは比較的若い人が多く、ルノアールは年配の人が多いです。
※別に年齢でカッコ良さが決まる訳ではありません。

しかし、そのコンセプトは、私の思うところだいたい同じです。
両店共、時間と空間を提供しています。
※スタバはそれにプラスして美味しいコーヒーを提供しています。
提供価格及びサービスは異なりますが、それは戦術的なものです。
スタバとルノアールの共通事項は、滞留時間が長いこと。
時間がない人は、ドトールに行きます。
※ドトールはビジネス街にも飲食街にもあります。

私がルノアールを好きなのは、体験によるところが大きいのですが、
本気でくつろげるからです。(体験=若い頃の利用実績)
スタバも好きですが、スタバ的空間よりもルノアール的空間の方が
落ち着きます。ルノアールの空間は昭和の応接間で、スタバの空間は
平成のリビングルームかな?
スタバに居る私は、ちょっとカッコつけてるようですが、
ルノアールに居る私は、何も飾っていません。

外に居ながら家にいるみたいなルノアール。
時代に逆行しているような、ルノアールの逆襲(多店舗化)を期待しています。

F.T