130701_01

東京は時間に正確な(厳しい)街だ。
なぜ時間に正確かというと、民意に依るところも大きいのだが、
やはりインフラが発達しているからだろう。

以前何かの記事で、近く(場所)はどこまでか?
というアンケート調査をやっていた。東京と他の地域での比較だ。
やはり地方に行くほど、近くはかなり近い。(徒歩及び車で10分くらい)
東京だとたぶん横浜は近い。(東京駅から電車で45分くらい)

何しろ東京は、平均の通勤時間でも1時間を超えているのだから。
時間・距離の認識は、東京と地方ではかなり違う。
山手線や地下鉄は、朝だと2~3分おきにやってくる。
※それでも走ってしまうのは、条件反射か?

これだけインフラが発達していると、遅れる理由がなかなか見つからない。
※首都高は駐車場(出口の遠い)みたいだから、都心の移動は基本電車に限ります。

ところで、沖縄時間とか博多時間というのを聞いたことがある。
待合せに30分位遅れてもOKらしい。(都市伝説かも知れませんが…)
本当にそうなら実に寛大で羨ましいけど、時間を読むのが難しそうだ。
東京から地方に出張で行った時、この手の時間認識の違いで戸惑った経験が確かにある。
※無論、どちらが良いかという話ではありません。

こんなに時間に正確に暮らしているとストレスも溜まる。
ドックイヤーならぬ東京時間。
寿命も縮まりそうだけど、苦楽も多い東京時間。

夢は、都心でゆっくりとした東京時間を過ごすことです。

F.T